保険のすすめ

保険のすすめ

病気やケガに備えた医療保険

公的な医療保険は病気やけがに備え収入に応じた保険料を毎月徴収して医療を受けたときに支払う仕組みになっています。すべての人が強制的に加入するものでサラリーマン、自営業、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度に大別されておりどこかに加入するようになっています。任意に加入する保険は審査があり高齢者や既往歴のある人、健康状態が悪い人などは加入できないことが多く誰でも加入できる公的保険とは違いがあります。補助的なものとして7割位の人が加入しています。入院給付金、手術給付金などにオプションで必要な特約を付帯します。がん入院特約や生活習慣病特約、女性疾病特約、通院特約など様々な特約があります。保証期間の違いで更新が必要な定期型と一生涯保障される終身型があります。終身型、定期型それぞれにメリット、デメリットがあるのでライフスタイルに合わせて加入するとよいでしょう。60歳で払い込みが完了できる商品もあります

医療保険は二十歳で入るべし

日本では成人を迎えるのは二十歳です。二十歳になれば大人の仲間入り、親は保護者というくくりをぬけて、ただの親になります。自分の生活には自分で責任を求められるのが成人、二十歳になったら、保険も自分で考えて自分で必要だと思うものに加入しましょう。若い時に大事なのは死亡保障ではありません。保険証を使うだけでは賄えないような病気や怪我をしてしまったときに活躍する、医療保険には一つは入っておきましょう。8万円を越える治療費は高額医療費で戻ってきますが、その8万が支払えないというのが一番困るのです。入院には治療費以外にも色々なものがかかります。合計をみてびっくりしないように、一度は自分で調べてみましょう。入院一日につき5000円、それで十分です。あくまでも黒字にするためではなく、赤字を酷くしないためなのです。最低限の保険に安く入ったら、あとは現金で貯めておくほうが賢明と言えます。自分の面倒は自分で見る、それが成人です。

check

名古屋市北区の接骨院に通う

最終更新日:2018/3/9